愛はエスカレーション

望むなら叶えよう

東京B少年ってまさか最高なんじゃないの?っていう話。

どこに落としたの

きみの片えくぼ(マジで)

急がなきゃ盗られちゃうよ

 

こうやって沼って作られていくんだなって最近ひしひしと体感しています。

なぜなら「東京B少年」いや、「HiBdream」が最高かつ名曲すぎる。

ここまでくれば歌詞の意味なんてどうでもいい。

えくぼは取り外し可能なものなのか、えくぼは盗めるのか。

そして何をスーパーゲットするのか。

盗難にあった、えくぼはどうしてくれたんだろう。

そんなことなんてどうだっていい。

なぜなら彼らは可愛いからな!

 

2000年生まれってなんだよ、最近じゃん。

っていうことは、彼らは赤ちゃんらしい。(どうやら)

私がこの間EXに足を運んだ時の話をします。

KINGとHiB少年の公演だったのですが、初めて見た時にJrマンションの小さい版みたいなお家のようなセットにびっくりしました。

そう、まさにそれはマンションなんかじゃなかった。

例えるならシルバニアファミリーの赤い屋根のお家・・・!

(森のレストランでもいいけど)

 

お家がそのままグイグイ直進してくるので、私みたいなもんからしたら眩しいうさぎさんやらシマリスさんたちが攻め寄ってくる感覚。

そこで初めて「HiBdream」を耳にしました。

「ハイハイハイハイ!」「ビ!ビ!ビ!ビ!」

っていう掛け声についていけない私は呆然と彼らを見ていました。

そう、ただ可愛い。

そこで感じた彼らはすごいという感動を忘れないうちに書いておきます。

(忘れてたけど少クラで思い出したなんて言わない)

 

那須くん

f:id:tondemodd:20170816183221j:plain

那須雄登とかいう最高なネーミングと慶應BOY!という櫻井先生と同じ経歴(しかも尊敬する先輩もHip Hop Boogie!な彼)、そして生徒会にいるとかいう爆モテ高校生に加えて「ビャクヤァ。。。」でおなじみの彼。「りぼん」に出てくる、絶対出てきてる。(私はちなみに彼推し。)

そんな彼のシンメがまたいい。

 

浮所くん

f:id:tondemodd:20170816183330j:plain

浮所飛貴とかいうどこの貴族なんだよってくらい素晴らしいネーミングと平野に似てると話題になるくらい似ている可愛い顔に加えて高学歴に趣味は乗馬。

「なかよし」に出てきそうな男の子、浮所くん。

りぼんとなかよしの2代王子がシンメ、「那須」と「飛貴」と呼び合う関係性…。

「ナカジィマァ!!!」と「菊池」に似たこの関係性…。お互いライバルで後々喧嘩してそのあとソロコンに見学に行って仲直りして焼肉食べるようになるのかな…。

 

藤井くん

f:id:tondemodd:20170817001955j:plain

そして最年長の藤井直樹くん。彼はよく髙橋海人に似てるって話題だったけど、本当に似てる。カイちゃんと俊哉混ぜたみたいな優しさみ溢れるスーパーアイドル。

ダンスもいつもキレキレだし、表情も生き生きしてるし、本当アイドル。

「トマラネェエ!」で前髪きあげた時に、ぽかんとしてしまった私をゆるして…。

「藤井くん」と「なぁくん」という二重人格設定らしいですが、本当そこ気になりすぎて勉強したいと思います。

中島健人はケンティーであり、中島健人であり、ナカジィマァ!だもんなぁ)

 

岩崎くん

f:id:tondemodd:20170817002059j:plain


岩崎大昇くんは、ハイテンション元気お滑りキャラですよね。グループに絶対必要不可欠なこのキャラ。誰かを彷彿とさせますが、名前は出しません。察してください。

おかし作りが趣味らしいし、実は根暗とかだったりしたらいいんですけどね。(私としては)

「へい!たいしょー!」っていう持ちネタがあるらしいですけど、それも誰かを彷彿としますね…。横山ゆうちんに「僕にハマリウス」並みの渾身の一発ギャグを作ってもらうのがいいと思います。もしくは私の大好きなナカジィマァ!が作ってくれると思います。

 

佐藤龍我くん。

f:id:tondemodd:20170817002340j:plain

可愛いですよね…本当意味わからないくらい可愛い顔してる。

なんかいつも妖精さんが見えているみたいですが、まだ首がすわってないだけなんだと思います。那須さんも赤ちゃんのように扱ってるみたいなんで、彼はそうなんだと思います。

本人はそのことについて「赤ちゃんじゃねーし!」とか主張されているみたいですが、赤ちゃんの割にとにかく脚長すぎてモデル体型なんで違うかもしれません。(混乱)

とにかくいつもメドレーの時、すごいハト胸だなぁと思って微笑ましくみてます。

こういうポーズ取りなさいよってサンチェさんとかに言われているのかしら…。

忠実に守っているのね…。

 

金指一世ちゃん。

f:id:tondemodd:20170817002353j:plain

龍我が赤ちゃんならこの子は何?赤子なの????まだお腹の中にいるの??

とにかく可愛いしか出てこないのに、どこか暗くて闇を抱えてそうで可愛い。

あれだけアイドルなのにいつも笑ってないし、手を振る時も無表情なので、知念先生の血を引き継いでいるような、そんな系統なのかな…。(褒めてる)

とにかく可愛いから全て許される類の子ですよね。天使なのかなぁ、多分そうなんだと思います。天使なのかぁ。

腹黒くてあざといとかいう意見もありますが、それでこそです。

2代目岩橋きゅんを目指して頑張って欲しい。とにかく可愛い。

「キーミーニーサーサーゲールー」の子です。

 

はぁ、書いた書いた。

HiHi兄さんたちも好きですよ。みじゅきが泣いている女の子は置いていこうとするところとか、ほとばしる帝王感もたまらなくいいと思います。

でもとりあえず東京B少年、いや、東京美Show年が(どっちなんだ)最高という話を書かせてください。

じゃ、もう一回見ます。

 

 

「JAM」が最高すぎて【全曲レビュー】

久しぶりにエイトのアルバムを買った。いつもレンタルしたりしていたから久しぶりに手元にやってきた。2013年の「JUKEBOX」以来に我が家にやってきた…!!昔は初回盤と通常盤を全て購入していたのに、DDにとって久しぶりの購入である。その理由は、「関ジャム」のアルバム発売記念スペシャルを見たから!OH!カンタンに釣られるWATASHI!なんなんだよあの番組は!最高だな!ってなわけで、あっさり購入。買うなら初回盤だろとフラゲ日にタワレコTSUTAYAというダブルTを徘徊したが、人気の初回Bがない。なんとメンバーの撮り合いメイキングがついてるという。OH!情報不足!いいもん、私は「青春のすべて」を満喫するもん。別にいいもん。という気持ちで購入したこのアルバム。とりあえず1曲ずつレビューしていきます。

 

1.罪と夏 ※シングル

作詞:高木誠司、作曲・編曲:Dr.Dalmatian、編曲:久米康嵩

今、君の八月の全てくれないか?

来たゼ夏ーーー!ハッピーでポップでキュートなイケイケサマーソングだぜ!的なパーティーソング。キャラにも合ってるし、ヤスの高音と大倉の低音のハモリもいいし、とにかく楽しい。ツアーでも1曲目に歌ってたはず、確か。1曲目にもいいし、アンコールの時にもつかえそう。

 

2.今

作詞・作曲:akira nise、編曲:菅野よう子

いつか目の前 たどり着けたら

くだらないことで笑い合えるかな

未来を作る 今 今 今

エモ過ぎて吐きそうになるくらいエモい。とにかく「今」は一瞬しかないからこそ一番素晴らしい!苦い過去より不安な未来を超えられる瞬間は「今」しかない!今が一番素晴らしい!今・今・今!過去の松竹座時代も、未来の大きな夢も含まれた「今」!なんてエモいの!未来を作るのも「今」、未来を超えるのも「今」!ヒィイ!!!!「今」は最高なのだ!

 

3.DO NA I

作詞:いしわたり淳治、作曲・編曲:蔦谷好位置、ブラスアレンジ:五十嵐誠

「マチガイの恋でも素敵やん……?」

私の鬼リピソング。最高、何が最高って、最初の「俺の好みのYouとYou」のゆうちんを含む掛け合いソングと、ヤスの高音が好き。そしてそこに入ってくる「どきな主役が総取り」亮ちゃん。みんなどいてよ!!!ジョンレノンが来たわよ!

女の子にモーションをかけるエイトの歌だって言ってたけど、ファンに向けて言ってるようにも聞こえる。「韻踏ィニティ」の「浮気お嬢さん」の時みたいな古株離れ邸じゃないでね的な切なる感じではなくて、どっちかといえばご新規様いらっしゃいソングかなぁ。エイトいいかもと思って踏み込んでしまって、あれ?そんなことなかったかもって思ったとしても、そんなマチガイの恋も素敵だよねっていう感じにも聞こえる。とにかく俺たち国民的になろうぜソング。

 

4.なぐりガキBEAT ※シングル

作詞・作曲:NOMSON、編曲:大西省吾、ブラスアレンジ:山森大輔・永田こーせー

言い訳と弱音をやめたら 後はドアを開けるだけ

ゆうちん主演の映画主題歌ってこともあり、トランペット盛大に響いてる。よかったね、ボンゴ以外に楽器できるようになって…(歓喜

スカパラみたいなかっこいい印象で、結構低音だから大倉の声が響いてていいですね。とにかくこの歌詞が好き。高らかに夢を掲げるのはいいけど、とりあえず自分がドアを開けないとっていう。いいなぁ。(映画見てないけど)

 

5.夢への帰り道

作詞:比嘉栄昇(BEGIN)、作曲:島袋優(BEGIN)、編曲:大西省吾

ああ君は孤独をピアノにかえて

ああ僕は不安をギターにしよう 

BEGINが作ったんだよって言われたら納得なくらい、海が見えるし、のんびりな感じもあって、だけど少し切なくて。「オーガニックなロックバラード」って公式サイトではかかれてあったけど。夢に向かって頑張った帰りに、君の笑顔を見て癒されて、また夢に向かって頑張れるとかそういう解釈でいいんですかね。とりあえずいい意味で眠れそうなくらい癒される。まさにオーガニック。

 

6.えげつない

作詞・作曲・編曲:岡崎体育

俺たち自身が偏西風だ

気流を掴んで乗ってこい

一番リピートしまくってるかもしれない。それくらいすごい好きな歌。歌っていうかラップバトルだけど。岡崎体育がネットで調べてメンバーとのエピソードを入れてたらしいけど、そんなのファンに聞きゃよかったのに。なんぼでも出てくるわい。大倉がグアムのカレンダー撮影で、よくわからない味の濃いドレッシングに感激しすぎたこととか、錦戸亮が不憫すぎて哀れで可愛いって話とか。とりあえず私は、「あぁそこかすまん見えへんかった」の大倉の言い方が、本当大倉だなって感じで好きでした。これが愛でした。

 

7.パノラマ ※シングル

作詞・作曲:SHIKATA、作曲:GRP、編曲:野間康介

 最高で最強な瞬間は パノラマ

最高で最強とかなぁ!そんなフレーズ入れたら喜ぶとおもったら大間違いなんじゃいコラァ!(嬉しい)西へ東へダンシングとかなぁ!別になぁ!いいじゃないかこのやろう!アニメの主題歌だけあって、「みんな一緒に行こうぜ!」感があっていい感じに冒険に行けそうな感じもあっていい。シングルっぽい勢いのある明るい曲。

 

8.Never Say Never

作詞・作曲:安田章大、編曲:久米康嵩

まあ実際、萎える繰り返す日々のみだが

君のみ超越容易い

作詞作曲安田章大とかいう大好物楽曲キターーーー!!!!この文字面だけで幸せになれるくらい大好きなやつきた。

めっちゃ韻踏んでるなぁっていう印象で、「作戦通り」と「success story」はさすがだわ。スパイダーマンの主題歌だから、普通の男でも喰らいついて頑張ればヒーローになれるぜ!的な歌ですかね。ヤスにしては久しぶりのロック調ですね。 歌詞の韻踏んでる感じも、「タフなguysだってTRYして逃げ出しては喰らいついたって話さ」ってのも好きでした。

 

9.侍唄

作詞・作曲・編曲:池田貴史

僕の心の声を 聞かせてあげる

キミのことだけ知りたい 今は 強く

サムライせんせい」の主題歌。なんかタイアップ多いなぁ、さすが。最初の亮さんの一節がすごい好きです。歌詞も好きだけど、いいよね、なんか。そして「はなれていても はなれてても」って同じ言葉を少しニュアンス違いで続けて言う乗ってグッとくる。時代が違っても、場所が違っても、迷わず君の元へ行くよ的なね。グッときてパッと目覚めるいい歌だ。

 

10.S.E.V.E.N 転び E.I.G.H.T 起き

作詞・作曲:UNICORN、編曲:大西省吾

転んでも起きる

凹んでも凸る

七転八倒

まーこのーあーでもーあのこもー。シャウト重視って解説にはかいてたくらい、とりあえず楽しく演奏して盛り上げるバンドリード曲って感じですね。まーでもーのあたりは村上臭が半端ないけど笑。でも楽しくて好きですね。今までにない感じの、いい意味で夏のだるさを感じつつもノリのいい曲だなって印象。

 

11.NOROSHI ※シングル

作詞:高木誠司、作曲・編曲:Peach

望んだまま手にするは“女王”

手を引くのは“以下、その他”

“私なんて”が流行りの枕詞?

あら、控えめなのね、ガールズ?

893スタイル好きだなー!ってなくらい893っぽさふんだんに出してきましたね。土竜の唄主題歌だからっていうのもあると思うけど、とりあえず男くさくて、ヒョウ柄にサングラス的な。エイトもこの演出良くやってたけど、マイルドヤンキーっていうよりテキ屋の兄ちゃん(ヤバめの)になっちゃうんだよなぁ…笑。そこがいいところっちゃあ、いいところ。

しかしとにかくこの歌の歌詞が結構いいとこついてて刺さる。「仕方ない」で溢れかえってる世の中、すぐに諦めて承諾しちゃってるけど、結局何がわかったのか。

いくべき未来は、君の踏み出す“今”が拓くってまじでいいこと言うな。グサグサ根本をdisりながらの応援歌って感じで、弱いところつかれちゃうけど、その分効果絶大だわ。

 

12.青春のすべて

作詞・作曲:水野良樹いきものがかり)、編曲:本間昭光

「これまで」を忘れたいわけじゃない

「これから」を想って生きたいんだ

だからこそ もがいて あがいて 自分なりをつかんで

君が知らない未来をひとりで歩くよ

これPVが先にあって、それに歌詞をつけてメロディをつけたらしいですね。関ジャムでやってました。ほんとすごい。この歌本当最高に好きで、切なくて、青春のすべてだ。これこそ。 四季折々のPVも素敵。同じ仲間と退屈に見えるような毎日を送って、だけど密かに夢もあったりして。そういう時間は、きっと今になってみればかけがえのないもので、自分が一番輝いて見える瞬間かもしれない。でもそこにずっと止まっているわけにはいかない、だって時間は過ぎて行くから。四季が巡ってくるように、自分も手を離して歩き始めなきゃいけない。あゝいい歌。

 

13.ノスタルジア(初回A収録)※丸山安田錦戸大倉ユニット曲

作詞:田中秀典、作曲・編曲:蔦谷好位置

変わってゆくって 分かってたあの日

僕ら 気付かぬふりで走った

強がって さすらって 戻れない場所で

今日も“その続き”を歌ってる

はい、冒頭からエモい。最高ソング決定。作詞が田中秀典?私があの大好きな?それだけでもう最高ってことでいいかな?歌詞の言葉尻が本当どれも最高で、この人の歌詞は本当大好きだってひしひし思い知らされました。もう情景が目に浮かぶし、何より夏の終わり感がすごい。「育った故郷」そして「花火」!!「好きだって言えずに静まった軒先」ぃい!!!!!ノスタルジックすぎぃ・・・・好き

あともう1つ好きなフレーズ。

「飲み込んだ涙の味が甘くなくて良かった」なんて

サヨナラを繰り返すたび 皮肉にも思い知るのさ

ぎゃ!!!エモい。エモすぎる。しょっぺー味だったのか!?こら!泣いたんだな!?おぅ!?さよならさみしいよなぁ!?あぁ!?!?!?!!最高。

 

13.Answer(初回B収録)※横山渋谷村上ユニット曲

作詞:横山裕,渋谷すばる,村上信五 作曲・編曲:渋谷すばる

恥をかき捨て 恥をかき集め

力抜いて笑った

待って、三馬鹿で作ったの???何それ最高。っていうもう文字面だけで最高なことしか伝わってこない。昔は必死で嫌われ者を演じて、うるさいガヤで、なんかすごくがむしゃらに前に前に出てくるイメージの3人が、次のステージへ。ああ、泣ける。最高、好き。力抜いて笑ってる3人が一番素晴らしいわ、最高。

 

13.生きろ(通常盤)

作詞・作曲・編曲:渋谷すばる

何もなくたっていいから やりたいことなんて

夢や希望なんて なくたっていい ただ一つだけ

あなたを生きて 

広がる!広がる!目の前!世界が!広がるぅ!ここ何回も口ずさむくらい覚えてしまうフレーズ。そして誰が作ったって、すばたんが作ったんですがな。最高でんがなまんがな。「誰でもない あなたを生きて」だと!?もう、すばる・・・///

何もなくたって、積み上げたものを壊してしまっても、手放してしまっても、自分を生きれば、ただ生きれば、それでいいって話なんですよ。そう言ってますよ。すばうが。もうじゃあそれ正解。

 

14.JAM LADY(通常盤)

作詞・作曲:安田章大

Are U ready? 多分ヘーキ!

What's your type?

あーゆーLADY!

ヤスの最強パーティーソングきた。こういうの待ってた。うまい言葉尻合わせとか音遊びみたいなのがすごい上手で、エロいこと言っててもポップでそう聞こえない。罪なやつだぜ…。真夏の俺らは罪だって言われてるからなぁ、仕方ないか。

何がいいって、ノリもいいけど、亮ちゃんがオゲレツって言いまくってるところだと思う。「たどり着いた貴婦人の密林」「Y談」とか言ってるけど、妖精のヤスくんがいいなら、それでいいよね❤︎

 

15.Traffic(通常盤)

作詞・作曲・編曲:錦戸亮

果てしなく続く旅路まだ見えない困難もあるんだろう

いつの間にか増えてた傷も隠していけるかな

後戻りなど出来やしない事

スタート地点で知ってたはずなんじゃないの?

愛してるよ、亮たん…❤︎ってなくらいの亮たんブルース。最高。

「時々見えるお城みたいなホテル ドキドキするコトに励んでるの?」って亮ちゃんが書いたにしてはリアルでなんか大好き、愛してる。(重い)

trafficって文字面通り、人生という長い道のりを走ってる車に自分が乗ってるわけだけど、スピードもなかなか上がらないし景色も変わらない。いいなと思った子とロマンスが始まるわけでもない、後戻りはできないなんて分かってたはずなのに、戻りたくもなってしまう。でも走っていたら、他の人に追いつくかもしれないし、人生まだまだわからんな、暗い中でも照らしてアクセル踏んでこーぜって感じ。とにかく亮ちゃん大好きぃ/////ってことしか言えません。

 

終わった。

控えめに言って今回のアルバムはいつもと少し違うテイストで、かなりよかった。もっと控えめに言って最高だった。全体的に、「エイトは、今を生きているぞ!だから彼らの青春を一瞬たりとも見逃さないで!」的な印象。青春とか今とか仲間とか、そういうキーワードがテーマなのかな。

とにかく何回も聞いてコンサート行きたい(当たってない)。神様いじわるぅ!!!

 

TAKESHIさん・田中秀典さんっていう神の話。【関ジャニ∞】

前回、宮崎歩さんって神がいるんだよって記事を書きましたが、その続編です。

tondemodd.hatenablog.com

 

そんなわけで今回は、関ジャニ∞によく楽曲提供をしているお二人、TAKESHIさんと田中秀典さんが神っていう話をします。

 

まず、TAKESHIさん。この方がどれだけ素晴らしいかというと以下の名曲の作詞を手がけられました。全て書いてたらなんか気持ち悪かったので脚注つけときました。気になったら見てください。

「花唄」*1「きまぐれGET」*2「ココロチラリ」*3「HORAIZON」*4「DANGAN-LINER」*5MY ANGEL,YOU ARE ANGEL*6「ツキノミチ」*7「Crazy Accel」*8

などなど。はい、天才!私の好きな歌しかなーい!!!そんなTAKESHIさんが作詞提供したエイトの楽曲たち。錦戸くんのソロ曲とかヨコヒナ曲とかは飛ばして、エイトの楽曲だけにしても量が多いんで、ジャンルに分けて発表することにします。そしてその1位についてだけコメントする。そうする。全て好きな曲順(私調べ)。

 

▼シングル

ねぇ きみが泣いていないか泣いていないか心配だ

きのう通り沿いのパンジーが咲いたよ

イエローパンジーストリートは、簡単にいうと“別れた彼女を思う男の歌”って解釈であってるとおもいます。「幸せ」は別れた彼女といることだったし、「優しさ」は彼女そのものを連想させるから今の自分には、「幸せってなに?」「優しさってなに?」って聞かれても、答えが見つからない。でも結局のところ、彼にとっての幸せは「この場所」でもう一度彼女と再会することなのです。(切ない)その「この場所」っていうのが、黄色いパンジーが咲いた道。「きのう通り沿いのパンジーが咲いたよ」って彼女なき今、誰に言えばいいんだ!!切ないぜ!ってなわけでシングル部門ではこの曲が1番好き。クレヨンしんちゃんの映画のPR曲だし、頭文字をとって「ス」「パ」「イ」って説もありますが、そんなことはどうだっていい!横山ゆうちんのソロパートが「ねぇ」だけであったってなぁ!好きなんだよ!この曲が!

 

▼ギラギラ・ロック系

  • 浮世踊リビト
  • Baby Moonlight
  • Jackhammer
  • Dive
  • 情熱Party
  • Cannonball

儚くても幸せ探して

覗くのさ 万華鏡

すごい難しいこの分け方。ギラギラとロック系て。でもこんな感じのくくりになるかなって思います。浮世踊リビトは、おそらくきっと皆好きだ。パッチのオープニングだった気がします。なにがいいって最初のイントロが最高にギラついててオラついてていい。パッチの世界観にも合ってるし、「キングオブ」とかあっちのギラつき方とは違っていい。「夢はパラレル」とか「三日月は雲で薄化粧」とか「悲しみの恋模様」とかそういう言葉尻がすごいいい。とにかく好きだ、パッチ。

 

▼しっとり・エモい系

  • Heavenly Psycho
  • Cool magic city
  • ロイヤルミルクトーリー
  • 口笛の向こう
  • 七色パラメータ
  • おんぼろStory
  • Merry Go Round

目の前の闇を かき分けて届くまで…

震える思いに また登る太陽

えっこの曲って嫌いな人いるの?いないよね?っていう確信のもと、この曲を選びました。そして歌詞はあえてサビではなく、ここ。なぜなら私が大倉(そして内くん)が好きだったからだ!反論は認めない!そのくせ「震える思いに また登りたいよー」だと思ってた私を殴りたい。夢に向かってヘブリサイコー!ってなエモい歌。最初の天使の吐息みたいな導入部分が好きです。これを歌ってるみんなそのものがエモい。エイトそのものを歌った歌詞っていうのもあるけど、それが「おんぼろStory」に繋がって行くというなんというエモさ。エモいとはこのこと。emotional is here!yeah!! Phychoなstory is here!yap!

 

▼切ない系

  • All of me for you
  • マーメイド
  • 君の歌をうたう
  • ほろりメロディー
  • レクイエム〜宇宙の記憶〜
  • 朝焼けの太陽

僕とすりかえて 愛したモノ教えてくれ

何を言いたいかっていうと、「つまりまだあの日の途中だ」ってこと!!そんだけっ!*9

この歌ずっと好きなんでぶっちぎり。「マーメイド」もララライララライラライラって歌い出したくなるし、大好きなんだけどね。とにかく切ない歌がTAKESHIさんは得意ですね。「君と引き換えに 手にしたモノ捨てていい」が1番の歌詞で、2番に来てこれ。とにかくまだ「あの日」で止まってる主人公が、君がいないと未来なんてない、消えてしまう!という激重未練ソング。あれ?これは宗佑の歌なの…?ってなくらい。しかし最高!大好きそういうの。「ほろりメロディー」もね、最高だけど、どんだけパッチ好きなんだよって感じだと思うのでやめときました。「レクイエム」もいいのに未音源だった気が…こういうの多すぎ多すぎぃ!(つらい)

 

==========

続いて、田中秀典さん。

今のところ、エイトにしか楽曲提供してないっぽいですが、とにかくそれが名曲揃いすぎて足が震える。私のエイト史上最強に好きな曲トップ1・2、「モノグラム」「ブリュレ」の作詞家っていうだけで奥歯ガタガタ震える。次のアルバムでも作詞提供するっぽいんでこれまた楽しみ。

▼好きな曲順(私調べ)

  • モノグラム
  • ブリュレ
  • ローリング・コースター
  • WASABI
  • 夕闇トレイン
  • 冬恋
  • クジラとペンギン

カタチはないのに 確かな手触り

温かい 守り抜きたい

もしかしたらこれって“愛”?

 モノグラム最高…私こんな好きな曲に出会えたことないってなくらい最高。もしかしたら1番好きな曲かもしれない。「挑んでフューチャー」が「イ言でフューチャー」に聞こえてしまうって某掲示板で見てからそうしか聞こえないけど、とにかく最高。何がいいって曲もいいけど歌詞がいい。ラブソングでもないし友情とかそう言うのでもない、パッチの映画自体を表す、絆みたいなものが出てていいですよね。赤ちゃんと僕、みたいな。新しい大切な守り抜くもの、っていうか。とにかくパッチ最高。(これしか言ってない)


ひっそりのめり込まれたい ほんのり煙たがられたい

“目障りだけど気になるアイツ”になりたい

そして、ここにきてブリュレ。この歌詞が最強に好き。踊りが屋良くんだったっけ、かなり難しそうだけどかっこよくて大好き。とにかくこれは皆好きか。ムビステで踊ってると揺れまくってて、落ちるんじゃないかって心配にもなる。ブリュレってザラメ糖の部分は硬くて、そこを破ければ柔らかいプリンにたどり着く。心の扉を無理矢理こじ開けて、少しでも真髄に近づきたいって話かな。もしその扉をこじ開けて、中身を食べて、予想外だって平らげてくれるらしいです。最高。誰かをわかりたい、わかりあいたい時は、傷つけることも必要なんですよね。なんかそういうところをうまく例えていて、これぞ歌詞の醍醐味ですな。ここで終わりたいけど、どうしても好きだからあと2曲…!!!いかしてくれ。皆大好き「ロリコス」!!!!


ほのめかしてUp↑ Down↓

紛れもない 僕にとってビンゴなお相手

君はどんな気持ち…ですか?

もはや心はローリング・コースター

伸るか反るかのローリング・コースター

とにかくコースターみたいに感情が上がったり下がったり。とにかく好きなんですよ、彼は彼女が!笑 「天気予報くらいに曖昧」で戦略もないし、攻略方法もない、そんな相手を前に、ウロウロする彼。ああ、なんていい歌なんだ。とにかく可愛い歌でノリもよくて、のんびりほんわかも聞けるし、幸せになる歌。そして最後に「WASABI」!


ツンと後引く 涙目の…

さりとて不敵に 突き抜ける恋をしよう!

とりあえず、彼氏のいる女(好きな人)に振り回されてる男の歌。案外このタイミングなのかもしれないっていう瞬間を逃すと、結局もうチャンスは訪れない。望み薄くてもこんなに頑張れる男はこの世の中にいるんだろうか…。いたら最強だな、乗り換える以外の選択肢がありゃせん。「ジンと痺れて突き抜ける恋」っていうフレーズがいいなぁ。まさにわさび。ツンと後引く涙目の恋…!もう最高にいい。


長くなりましたが、今回は神を2人紹介しました。結果、いい曲ありすぎ。

また聞くとしますか。

*1:言わずと知れた名曲。キスしただけで傷つけてしまうなんて悪い男め。

*2:タッキーのソロ曲。Jr時代に歌ってた名曲。曲はじめに律儀に「行ってきまーす!」って挨拶してくれる。

*3:愛するあまりココロチラリしてしまうらしい。あーもうすでに聞きたい!!

*4:特に近頃いいことないヨーウ!昨日100円拾ったくらいしかいいことないらしい。この曲本当好きだなぁ。

*5:ダダンダンダンダン!!!って聞こえてたけどちゃんと「弾丸ライナー」って言ってた。最高に楽しい。

*6:作曲タッキーというスペシャルタッグ。不思議なくらいに見つめあったら約束になるらしい!最高!大好き!

*7:「SUMMARY」でくるくる回ってた映像がフラッシュバックしてしまう。私も希望の唄 愛の唄を月の道で私も歌いたい。

*8:何がいいって、途中の「ハーン」(あってるかは不明)に尽きる。トッツーの最初の「クレイジィアクセェール!」も最高にいいよね。

*9:PING PONG」 

宮崎歩さんっていう神の話。

ちょっと前の話ですが、千葉雄大の後継としておなじみ、志尊淳の叔父さんが宮崎歩さんだとわかりTwiiterが大騒ぎでした。それだけ聞くと、「へぇ…」って感じですよね。いやいや、拓哉さんばりに止めさせてください。

ちょ待てよ!! 宮崎歩さんだぞ!?(斉藤さんだぞみたいになっちゃった…///)

嵐の「弾けろパッション!そうさNo Reason!」でおなじみ炭酸飲料CM「ハダシの未来」は有名どころですが、「ど〜にかなるさ」「ノーマター・マターに続き、「欲望のレイン」「Feel your breeze」、そして「Dial Up」「Ikujinashi」「BIG GAME」極め付けにドリボでおなじみ「One Night」などなどの作詞や作曲を手がけているときた。え?これらの曲の良さがわからない…?

そんな人のために、私がどれだけ素晴らしい人なのか延々語るとしよう。

 

「欲望のレイン」

これはもともとは硝子の少年ことキンキの名曲ですが、ジュニアがよく歌ってたことでも知られてる神曲。色々なシンメで歌われてたけど、特に私は山Pと斗真の欲望のレインが好きでしたね。私が行ったツアーの違う公演(なんでつらい)に斗真が見にきてたみたいで2人で歌ったらしいですね。(見てないつらい)これは作曲を担当されてるそうです。タラッタッタタッタラララララって入りがもう…!!って曲を表現する難しさ痛感。とにかく最高ってことが言いたい。ああ!もどかしい!っていうことで、作詞を担当された曲を中心にお話することにします。いきなりの変更。

 

「ど〜にかなるさ」「ノーマター・マター」(KAT-TUN)

まず、KAT-TUNの「ど〜にかなるさ」「ノーマター・マター」はジュニア時代のオリジナル曲。2曲共に最高ソング。ノーマターはCMのタイアップだった気がします。何がいいって、「ノーマター・マターまた?」の部分がいいのはわかってるけどとにかく「never mind」で後ろ向いて5歳児みたいなダンスするところがいいって曲の話じゃないがな。そして「ど〜にかなるさ」は私スーパー好きな曲なんだけど、もともと滝様に作られた曲らしいですね。さすが殿…!それがなぜかKAT-TUNにおりたみたいです。そんな名曲の好きな歌詞はこれですね。

どうにかなるから 前を向いて

傷つくことなどないよ そんなので

だって 誰にも負けない夢を抱いてる

うん…私…頑張る!!!!!もう勇気付けられた。さすがだわ。とにかく昨日がダメだったら今日頑張りゃいいし、今日ダメなら明日はいい日だよ!ま、とにかくどーにかなるよ!!!って歌。大人になって聞くと染みるモンがありますな…。

 

 「Taste me」(滝沢秀明) 「Get Down」(今井翼)

私が一時期ありえないくらいリピートしていた「Taste me」まで宮崎さんでした。さすがすぎる。「Taste me」の「クモンクモン(come on come on)」とか「Get Down」の「どうしようもないないなんてことに〜」みたいな、とにかく2曲ともにスルメソングであることは間違いない。どっちかというとキャッチーで耳に残るようなノリの良い曲。タッキーが青いクッキーモンスターみたいなモコモコした衣装で「キ・セ・キ」をお祈りしている一方で、赤い衣装の翼が「ゲッダーン!」っていってたのが印象的。とりあえず「邪魔しないで」「茶化さないで」ということらしい。また聴きたくなってきた。

 

 「ヨワムシ★シューター」(Hey!Say!JUMP)

何が可愛いって最初の「パッビリパッパッパビリビ」と「ベイベー!」が可愛いよね。もはや歌詞じゃないし曖昧だけど。ドラムを叩く裕翔が可愛いよね(個人的感情)。とりあえず爽やかで可愛くて、JUMPっぽい曲。

ときめきを取り戻すように走りだそう

信じてる あの頃の

僕たちが追いかけた場所

もっと笑って ギラギラの明日へ行こう

 ギラギラの明日って何…!!!!追いかけたギラギラの明日って何!!!!とにかくときめきが取り戻されるのであれば、私は頑張りたい。前向きスクリーム。

 

「Ikujinashi」(Ya-Ya-yah)

この曲と「HA・RU・NA・TSU・A・KI・FU・YU」「愛しのプレイガール」はマストでベストアルバム作ってから解体するなら解体して欲しかった…。世の中に残らないなんて残念の極み…。そういう曲多い…。デビューしても音源化しない作品とかあるし、ましてやジュニアならなおのこと…儚きジュニア…。こういうところだよね、なんか切なくなるわ。少クラの昔のオリジナル曲とかどうなるんだろう(遠い目)。「Turulira」とか「LOVE&DREAM」とかさ、好きだったのになぁ…。そんなうちのこの最高ソング。ちっこい少年がすごいこと歌ってんなと思いました。「Iをくれ」とかもそうだけど。

こんな風に出会わなければ 感情を眠らせたのに

手繰り寄せた 冷静という コナゴナのココロで

イクジナシが吠えている。。

この曲の何がいいって「do I do I…」のところが最高に楽しいっていうことと、この!イクジナシめ!って悶えそうになるくらい可愛い歌かと思いきや、ガツガツ踊るしめっちゃ大人っぽい曲っていうギャップ。もう一回聴きたいって神社にお参りに行こうかな…(神様困る)。

 

「BIG GAME」(B.B.V)

これは関ジュの1曲…っていうか名曲。まだ歌い継がれてるし、よく少クラでも歌ってて、本当この曲最強だなと痛感しております。とにかく歌割りが細かいから、カメラさんは大変だろうなぁってくらいコロコロ変わる感じが好き。最初の冒頭の「ナーナーナー」を背景に、帝王感出しがちだよね。私も9to5仕事づくめだって燃える心をクールダウンさせていきたいですわ。

最高の この瞬間を 今感じたい(そう!)

Give me!(give me!) つかみ取りたいやぃ

最先端まで しっかり突き抜けて

勝ち進みたい

始まったばっかのこのゲーム

なんかまさにジュニアの曲って感じがして好きです。とにかくこの曲で起死回生あげてくぜ!!って感じの威力も感じるし、ジュニアっていう大きな競争社会のピラミッドの最先端に行くのは誰なんでしょ。なんか昔みたいにタッキーくらいスター性がずば抜けた殿みたいな人がいて競争心むき出しな感じと、今みたいに皆申し分ないくらいクオリティが高くて仲良さが目立つ 感じと、どっちがいいんだろ。まぁどっちも好きだからいいけど、生ぬるいこと言ってらんないぜ感が出てて、関ジュに提供すべき曲だったんだなぁ。やばい、なんか語ってしまい恥ずかしい。 

 

結果、宮崎歩さんは馬飼野康二並みに崇めるべきひとでした。志尊淳、教えてくれてありがとう、そして宮崎歩改め、神。ありがとうございます。

そんなわけで、世の中には素晴らしい楽曲を提供してくださる神は、他にもたくさんおります。次回は、関ジャニ∞の中で私が大好きな作詞家さんについて書くぞ。曲のココがいいよね!ココが!このジャーンって音がさ!って文面で書いても擬音だらけで何言ってんだこいつってなると思うので、作詞家さん。歌詞って素晴らしい。言葉って最高。他にも紹介できなかった宮崎さんの曲ももちろん素敵なのでぜひ。

  

サイコでキュート☆マジレス天使☆裕翔きゅん☆の話。

私が最強かわいい大型犬だと思っている、中島裕翔。今日は、私の大好きな部分である、彼の「マジレッサー」なところを紹介しようと思います。twitterでも「#素直すぎてサイコなマジレス裕翔くん」というタグまであるくらいだ。私の大好きなタグだ。

その異名の通り、彼はスーパー素直で真面目なマジレッサーである。いわゆるマジレス野郎だ。ノリで話しているといきなり後ろからぶった切られる。そして真面目にレスポンスされる。そんな愛すべきサイコなマジレッサー裕翔。いつもマジレスを掲げ、全て切っていく。

この間のスペシャル番組で某グループN丸くんに「知念くんをメンバーにくれ」と言われ、

f:id:tondemodd:20170613173813j:plain

とさらりと言ってのける彼。バラエティー番組だからって、そんなの関係ない。彼は本気で答えるのみである。雑誌の発言でも、もはや最近は「別れよう」を決め台詞に最下位を狙いに行っている傾向があるが、彼はおそらくほとんど本気だ。本気のマジレッサーだ。冗談っぽくしているが、キスブサでの彼は完全に愛すべきサイコマジレッサーぶりを発揮していたのは有名だ。もちろん最下位を獲得してしまう優秀さ。

 

f:id:tondemodd:20170613173754j:plain

 

彼は本当にわけのわからない大型わんちゃんなのだ。しかし言っとくが、私は裕翔が最強に愛おしい存在なので何を言ったとしても評価は甘い。サイコでもマジレッサーでもなんでも可愛い。天使がお花摘んでるくらいにしか思えないので、よろしくお願いします。

そんな私が選んだ、サイコでキュート☆なマジレス天使☆裕翔きゅんを紹介します。

 

Q.勝手にあなたの携帯を見ていた彼女が、「ホントに私のことが好きか不安だったんだもん」と言いわけをしてきました。なんて返す?

オレのこと信頼してくれてないんだね。オレはそういうことしないし、勝手に見るってプライバシーとしてありえないよ…別れよう

 

ショートとロングどっちが似合うか?ショートは顔がモロに出るからロングかな!

 

Q.彼女と一緒に初もうでに行っておみくじ引いたら彼女が「凶」を引いてしまい、落ち込んでいます。なんて言葉をかけてあげる?

ボクの大吉をあげたいところだけどボクは大吉でいたいし、凶の人とはつきあえないから…別れよう!

 

Q.明日の仕事が早いから寝ようとベッドに入ったタイミングで彼女からの「眠れないよ〜」のメール、なんて返事をする?

そうやって携帯をいじってることによって、ブルーライトでどんどん目が冴えてねむれなくなっちゃうよ。ちなみにオレは今寝ようとしてたんだ。別れよう

 

Q.彼女があなたの部屋を掃除中、あなたが大切にしているものをこわしました。必死で謝る彼女になんて言う?

まぁ…許すけど、ここのエリアはもう掃除しなくていいよ。自分でやるから。

 

Q.彼女が作った料理の味が濃いまたは薄い…。彼女を傷つけないためになんて感想を言う?

ちょっとお水もらおうかな

 

Q.彼女が誕生日を1日間違えてメールしてきちゃった!おっちょこちょいな彼女に返すメールは?

オレの誕生日は明日だよ! 意気込んで早く送ってきちゃったのはわかるけど、ちゃんと確認しよ? 明日もまた送ってね

 

Q.人前で「イチャイチャしたい」と彼女に言われました。どこまでできる?

なんで人前でイチャイチャすんの(苦笑)。 

 

Q.彼女が「食べたい!」と言いだしたパンケーキのお店は2時間待ち。一緒に待てる?

いいけど、そのあいだ買い物してくる(笑)。

 

 最高!可愛い!!

昔から超のつくエリートでセンターに抜擢され、「青春アミーゴ」でまさかのセンターをとり、高身長・小顔というスタイルの良さでモデル業をこなし、「半沢直樹」にもさらっと出られる”ジャニーズっぽくない”昭和顔、そしてコンサートではオーバーにコミカルにうるさいくらいに動き倒し、ファンサもマシーンの如く多い。そんな完璧すぎる彼に隠されたマジレッサーな姿。好きにならないはずがない。

マジレス裕翔の楽しい沼にみんな落ちることを願うばかりである…。 

 

結局は中島健人って最高だよねっていう話。

私は何度かセクゾのコンサートに通い楽しさを覚えましたが、その楽しみ方の1つにこれがあります。

 

中島健人という生命体を観察すること>

 

これに尽きる。もちろん顔面国宝レベルのちょりこと勝利を拝む楽しさもあるし、風磨のトークやエロい歌を聞く楽しさもあり、ダンスを頑張るSO!ちゃんとオランジーナのマリウスを応援する楽しさもある。

だけど私の一番の楽しみは、ケンティーことトンチキ王子、中島健人という歩く王子様を観察することです。

だって彼、意味わかんないもん。

朝井リョウに、

 

信じてる神が違う。

 

と言わしめたくらいだ。彼の発言や行動は、この世に生まれ人間界でせっせと働いている私みたいなものに理解できないだけであり、彼の住むコリン星的ないちご王国みたいなところでは当たり前のことなのかもしれない。彼はいつも大真面目に言ってのけ、そしてキメていらっしゃる。私はそんな彼がたまらなく可愛い存在に思え、やはり彼は王子様なんだと感じる。言ってること8割型「セクシー」ってついているけど、きっとそれは彼の母国語なんだと思う。

彼はギャグセンも高いし、頭のキレも早い。だからこそ、すごく見ていて楽しいし、安心できる。そして中学時代のお友達がイケイケ系キラキラメンズではなく、いい意味でほっこりできるようなお友達だったというところにも安定の愛しさを感じた。

そもそも、彼が有名になった「ラブホリ先輩」という異名。その由来も彼のよくわからない一言からだ。

 

実は僕、ラブホリックなんですよ。

現実の僕の恋人はファンの皆さんですから。

特定の子との恋はラブストーリーを通して疑似体験をしてるのかもしれない。 

 

このことから、彼はラブホリという異名を持ち、イメージデート的な冠番組まで持っていた。ちなみに私はすごく楽しく視聴していた。そして彼は、握手会の対応が最高だと取り上げられたのは有名。靴を脱げた女の子に「気をつけて!シンデレラ」と言ったケンティーはさすがだと思う。みんなに違う言葉を返していて、たまにバグっていたらしいのでそこは心配。

その後も、この人面白すぎると感じた言葉をメモしていたので出典元は、不明で申し訳ないけど、いくつか披露します。

 

▼ こんなたくさん聞いてない

幼稚園のライオン組の時は“ケンケン”、小1が“健人”、小2が“中島”、小3が“ナカケン”、小4・5が“中島”。小6が“ナカケン”ね!当時好きだったコから“中島”って呼ばれてたこともあって、女子の“中島”呼びが好き❤︎

▼ちょっと怖い

Q雨の日に家出するあそびを教えてください!

ひとりっ子だから、家では“ひとりオセロ”をして楽しんでた。黒で先手を打ったら、向に移動して白を打つっていう(笑)。

▼リンゴマークの会社がつけた名前をさらりとアレンジするネーミングセンス

雑誌での撮影や取材は、俺にとって読んでくれる全ての人との共有アルバム。"愛"クラウドだと思ってる。 

▼さすがの一言

ファンファースト+LOVE=HAPPY

 

そして彼の魅力は、髪がびっしゃびしゃになるくらい汗をかきまくりながらキレキレのダンスをすること。そしてカメラをいち早く察知し、キメ顔をすること。

彼が一人で東京ドームを占領していた伝説のカウコンは拍手ものだった。一人で東京ドームに立ち、お正月にサンタの格好をして「ハローハロー!!」とキレキレのダンスをキラキラした笑顔で踊っていた。鋼のメンタルをお持ち。

彼はソロ曲でよく作詞もしている。私は「Teleportation」がなんだかんだ一番好きだが、それは本人が作詞しているものじゃないので、私はまだまだなんだと思う。

ちなみに彼は自分が書いたポエムを読んで泣いてしまうそうです。では私が心を打たれた、そんなケンティーの世界観をまとめてみました。

 

▼CANDY〜Can U be my BABY〜

(LOVE KENTY!)

色々と突っ込むところはたくさんある名曲だが、とりあえず自分で「LOVE KENTY」って書いちゃうあたりがさすがすぎる。これはとにかく「LOVE KENTY!」と叫べばおそらくデカすぎるキャンディー回して笑顔をいただけると思う。しゅん姉に巨大なキャンディーで頭殴られないようにさえすれば大丈夫。「I'm loveholic」という歌詞を入れたのは、ファンへのプレゼントらしい。

 

カレカノ!!

DE-愛!世界のYoung Lovers交わすChance

カレカノ

始めましょう!恋のShow

一発目にこの「DE-愛!」である。もう参りましたとしか言えない。「恋の単位をあげよう」はさすが大学生(卒業済み)だと思ったけど、「私のチョコタルト食べたでしょ!?」って怒る上目遣いの子猫ちゃんは実際いるんだろうか。いや、いない。そんな女はきっとケンティーの世界にしかいない気がする。私だったら静かにもう1個買ってこいと怒る気がする。あぁ、だから私はこの世界で生きてるのか…。つらい。

 

▼ディア ハイヒール

生まれた時間のズレは愛する対象を変える

間違いを繰り返して

運命は寄り添って行く

ちなみにこれは珍しく普通の歌詞である。いい歌だ。年上の女の人への歌を歌ってるんだけど、ケンティーから言わせてみれば年の差恋愛とはこういうことである。生まれた時間のズレの問題だけである。「心の雪解けが今突然起きてる」って表現も謎だけどすごく好き。さすがケンティー。「Forever L」も同じくいい曲。

 

▼Black Cinderella

謎な君

Why 愛?恋さ。

Cinderella! wow wow

悪女に弄ばれたい願望マックスなケンティー。シンデレラのことを「シンディー」って愛称で呼んじゃう感じも好き。Why愛?って聞いた後に速攻で答え返ってくる。ずっと思ってたけど、結構独り言みたいになってる歌詞が多くて愛おしさを感じる。

 

▼Mr.Jealousy

更新はあるねえ?

スルーしてるね?

アイツのメッセージ増えていくね?

めっちゃ韻踏んでストーカー並みなことしてる…!!そして「アタマニキタ。」である。これ以上怒らせないで!!!めっちゃ無視されまくって「アタマニキタ。」って怒る諦めの悪いケンティー。すごいキレまくってるけど、「今もオマエにLuv ya!」って言ってるんでなんだかんだやっぱり好きらしい。この曲かかるとめっちゃ嬉しい。

 

▼Hey!! Summer Honey

This time I'm 真面目

もはやルー大柴のようになってるけど、この曲大好きすぎる。なんかいつも衣装に青いひらひらついてて、 「Feel it」って両手広げて何かの風を感じているかのような彼は最高に爽やかである。そしてバタフライのようだよ。とにかく好きな一曲。だけどこんなトンチキ歌詞が紛れているなんて。さすがだ…。

 

他にも山田くんが好きすぎて、ずっと「この子はくる!!」ってジャニーさん並みに確信していたという予知能力まで持ってる。そして山田くんとは近付き過ぎずにファンとアイドルの距離をきちんと守るケンティー。

 

きっともっと彼を知りたくなってググってしまった人は、もうケンティーの策略にはまっている。

明日にはもう「LOVE KENTY」とつぶやいているはずだ。

「Pik It Up」をピキラした話。

キスマイが新曲を出したぞー!!!

久しぶりに初回AB購入した、いや、ピキラした。

コロシアムの時、初回Bを購入したんだけど、正直「こんな最先端の映像美使って壮大なコント…?」って疑問に思った。だったら「シャララ」の時みたいなエモ映像でいいよ!なんだよ、スーパーマンて。なんだよ、可愛い玉森はそのままで可愛いんだよ!!!私キスマイはかっこよくガシガシ踊ってもらう映像が見たいんだよ…。もっとかっこいい映像にしたらよかったのに!惜しい!初回Aにすりゃよかったと思った頃には売り切れてた。初回Bは、中居くんもツヨポンも出演してるし、何より「たまっち」(進化前)可愛いし、私的に「たいピーチ」でゲラゲラ笑えるからこれはこれでいいんだけど…笑。「Touch」とかフルで欲しかったし、渋みつは想像以上にギャル男だった…私の想像していたチャラみつはもっとこう…違うんだよ!!!と叫びたい衝動に駆られたので、悔いのない人生を生きようと2枚購入しました。

その結果、両方ともPVついてた。私はマルチと通常、両方のPV手に入れられた。なんか売り上げがどうこう言われてますが、私は満足だよ!!という話をします。

 

 

満足①マルチみっくんが可愛い

みっくんが可愛い。(知ってる)今回の髪型最高に可愛い。いつも可愛いけど、マルチの最後が可愛すぎて、こんなに可愛い人間がいるなんて、この世は平和だなと思った。

 

満足②曲とダンスがいい。

 今回は「tonight」よりも落ち着いた印象で、曲としてはかなりキャッチーだしワクワクする。EDMといえば玉さんだけど、それよりも落ち着いてる。前作が赤すぎたから、今回は青と黒って感じでよかったです。ゼウスの神殿みたいなところで歌ってるのもコロシアムっぽくて。

そしてダンスもとにかく可愛い。なんかPerfumeみたいな完璧ダンスノリっていうか、細部までこだわっててすてき。ペンギンダンス的な斬新さもあるし。Tシャツをピキラするダンスが可愛い。(ピキラの使い方あってんのかは疑問)みっくんすごい持ってかれてたけど、そこがまた可愛い。結果、満足①のみっくん可愛いって話に戻る。

 

満足③衣装が洒落てる。

いつまで着るのかなっていうゴレンジャーみたいなスパンコール衣装も嫌いではなかったし、基本キスマイの衣装ってハズレはない気がする。けど、今回の衣装は単純に自分の好みだった。骨をイメージしてるらしいが、そんなことはどうでもいいくらい洒落てた。ただ、みんなY-3の洋服着てるのに、なんで千賀さんはALEXANDERWANGなんだろう。しかもガッツリロゴだし笑。しかもあのTシャツ買おうとしてたやつだからテンション上がった。買おうじゃない、これはもう買うしかないのだ。

 

というわけで、今回の新曲もよかったです。好きなPVランキングに入るくらいよかったです。(私調べ)

ちなみに「FIRE BEAT」「運命Girl」と「シャララ」が上位トップ3です。

また帰ってみます。